• お問い合わせフォーム
  • 技術経営士に相談する
  • 技術経営士に相談する
会員ページはこちら
  • TOP
  • 技術経営士とは
  • 技術経営士の会とは
  • 会員紹介
  • サービス概要
  • 入会案内
  • よくある質問
会員紹介

会員情報

瀧本 正民

出身

豊田中央研究所

業種

製造(装置・システム系) : 輸送機器

得意分野

教育 : 技術人材の育成
研究・開発 : プロジェクトマネジメント、技術戦略策定、技術革新、研究開発マネジメント、製品開発

瀧本 正民

所属

元 トヨタ自動車株式会社 代表取締役副社長
元 豊田中央研究所 代表取締役
現 豊田工業大学 理事長

最終学歴

京都大学大学院工学研究科修士課程修了
昭和45年3月

経歴と業績

略  歴:
1970年3月 京都大学大学院工学研究科修士課程修了後、
同年4月 トヨタ自動車工業株式会社
 (現トヨタ自動車株式会社)に入社。
        主としてエンジンの開発業務に従事。

1994年6月から、ミニバン、SUV、商用車、電気自動車、
 ハイブリッド車、燃料電池車などの車両を開発する
 車両開発センターで企画業務を担当後、
1999年に取締役就任。その後、
 常務取締役、専務取締役を経て、
2005年に代表取締役副社長に就任し、
 技術開発部門ならびに品質保証部門を統括。
2009年6月に同社相談役に就任。
2012年6月に同社顧問に就任(現在に至る)

2009年6月に
 (株)豊田中央研究所代表取締役(CEO)に就任。
 トヨタグループの将来のための研究業務を推進。
2014年6月に同社特別顧問に就任(現在に至る)

2011年6月 学校法人トヨタ学園 
 豊田工業大学理事長に就任(現在に至る)

自動車技術会フェロー、
日本機械学会フェロー、
SAE International Fellow

  • TOP
  • 技術経営士とは
  • 技術経営士の会とは
  • 会員紹介
  • サービス概要
  • 入会案内
  • よくある質問
  • 会員限定ページ

お問い合わせフォーム

技術経営士に相談する 入会に関する相談をする
その他のご質問はこちらから
技術経営士ジャーナル